薬剤師の流れ作業の時代は終わり、流れはEBMに遷都します。ゆりかごに揺られながら一緒に新たな力でより多くの方の役に立ちましょう

牛乳でニキビは治るのか!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆあパパ薬剤師
ゆあパパ薬剤師です。薬剤師にできることを探してブログから情報を発信しすることにたどり着きました。どんなことにも全力疾走です。走りすぎて、ばてることもしばしば…。でも、回復したらすぐに全力疾走します(笑)

今回もクイズを出していきます。
ヒントを3つ出すので、そこから答えを考えてください。

ゆあパパ薬剤師

・構造式

・ステロイドですがベリーストロングに分類されています。

・白斑に対して適応があるステロイドです。

さて、どうでしょう?

答えは記事の最後に載せています!

ゆあパパ薬剤師

さて、今回もはじまりました。

牛乳はニキビを治すのでしょうか!?

それとも、ニキビの敵なのでしょうか?

正義の味方か、悪の手の者か…

気になりますね!

早速、論文をみていきましょう!

 2018 Aug 9;10(8). pii: E1049. doi: 10.3390/nu10081049.

Dairy Intake and Acne Vulgaris: A Systematic Review and Meta-Analysis of 78,529 Children, Adolescents, and Young Adults.

Juhl CRBergholdt HKMMiller IMJemec GBEKanters JKEllervik C.

PMID: 30096883

タイトルは

乳製品摂取量と尋常性痤瘡:78,529人の小児、青年、および若年成人の体系的なレビューとメタ分析

といった感じです。

結論から行きましょう。

量や頻度に関係なく、乳製品、牛乳、全脂肪乳、全乳、低脂肪/脱脂乳、およびヨーグルトの摂取量は、7〜30歳の個人では摂取しない場合と比較してニキビの発生が多いということです。

また、チーズでもその影響はあるようです。

ただし、研究を通して今回は異質性と偏見があるため、慎重に解釈する必要があるようです。

ただ単に鵜呑みにはできませんね…

次に行きましょう。

 2018 May 8. pii: S0261-5614(18)30166-3. doi: 10.1016/j.clnu.2018.04.015. [Epub ahead of print]

Dairy intake and acne development: A meta-analysis of observational studies.

Aghasi MGolzarand MShab-Bidar SAminianfar AOmidian MTaheri F.

PMID: 29778512

酪農摂取と座瘡発達:観察研究のメタアナリシス

このようなタイトルです。

個々での結論では、乳製品、全乳、全乳、低脂肪および脱脂粉乳の消費とニキビ発生との間に正の関係があることが判明しました。

ということは、そういった関連の食品を摂るとニキビの発生も増えてしまうということです。

しかし、ヨーグルト/チーズとニキビの発生との間には有意な関連は認められなかったというのです。

ヨーグルト/チーズはニキビとは関係ないようですね。

先程の論文と結果が異なっているのは気になりますね。

しかし、この結果では異質性や偏見といったことは言及されていません。

ですので、こちらのほうがエビデンスが高いと思われますが、控えるに越したことはありませんね。

カルシウムの摂取のために、というのであれば他の植物性脂肪由来の食品を食べるほうがいいのかもしれません。

動物性脂肪だと、油ギッシュのお肌になってしまうので…

次の論文はこれです。

 2018 Aug 6. doi: 10.1111/jdv.15204. [Epub ahead of print]

The effect of milk consumption on acne: a meta-analysis of observational studies.

PMID: 30079512

ニキビに及ぼす牛乳消費の影響:観察研究のメタアナリシス

という感じのタイトルですね。

結論は、牛乳の消費とニキビのリスクとの間に正の相関関係があることを示しています。

ということで、やはり牛乳の摂取はニキビを増やしてしまうというのは、間違いのない事実なのかもしれません。

おそらく、ニキビで悩んでいる方は、食品はたくさん摂った方がいいと思っている方が多いような気もします。

そこには、牛乳を含めないように話していきたいですね。

また、ニキビの治療でも使われるミノサイクリンという抗生物質は牛乳の影響を受けて効果を低下させてしまいますので、注意が必要です。

おまけ

 2010 Mar;15(3):1-2, 5.

Does diet really affect acne?

PMID: 20361171

食事は本当にニキビに影響を与えますか?

ニキビは、牛乳摂取で有病率および重症度を増加させると報告しています。

さらに、無作為化比較試験を含む前向き研究では、高血糖負荷食、ホルモンメディエーター、およびニキビのリスクとの間に正の関連が示されました。

これは、乳製品および高血糖指数食品が、ホルモンおよび炎症因子に影響を及ぼし、ニキビの有病率および重症度を増加させる可能性があるということを示唆しているのです。

原因も少しづつ明らかになっているのですね。

答えはフルオシノニドです。

先発品名はトプシムですね。

わかりましたか?

実は白斑で適応があるステロイドはこれだけです!

皮膚科の門前で学び取りました。

今回はここまで!

次回もお楽しみに♬

ゆあパパ薬剤師

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆあパパ薬剤師
ゆあパパ薬剤師です。薬剤師にできることを探してブログから情報を発信しすることにたどり着きました。どんなことにも全力疾走です。走りすぎて、ばてることもしばしば…。でも、回復したらすぐに全力疾走します(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© EBMによるシンカ|ゆあのゆりかご , 2018 All Rights Reserved.